お魚イラストギャラリー「秋たんぼイラスト工房」はこちら!

さかなの絵 〜チヌ〜

「黒曜の煌めき」

 チヌの正式名称は黒鯛ですが、ただ黒い鯛ではありません。
 釣り人にはいぶし銀と呼ばれ淡い黒の縞模様が複数入るほか、黒の中には青や緑といった色の深みが見られます。

 釣りの対象魚としても最も人気がある魚の一つであり、釣り方のバリエーションが豊富で地方独特の釣り方も一つの文化として残っています。

 実際釣るのは難しい!

 好奇心旺盛なのに臆病であり、簡単に釣れたかと思うと狙ってもなかなか釣れてくれない。飽きのこない生涯の思い人のようです。

 イラストにはチヌの好物であるイガイ(カラスガイ)を散りばめました。強力な顎で貝を砕いて食べてしまいます。

 すぐ近くの海にいるのに、黒曜石のような黒の奥に潜む煌めきを求めて今日も海に出かけます。

チヌについて

和名:クロダイ(別名:チヌ)
学名: Acanthopagrus schlegelii

全長:最大70cm
分布:北海道南部から日本列島、台湾や朝鮮半島

生態:水深50m以浅の沿岸域に生息し、汽水域にもよく進入する。また、完全な淡水域にも遡上しており、汚染にも比較的適応能力が高い。春が産卵期で、生後1年で10cm、5年で25cm、10年で40cmほどに成長します。
 若魚は雄であるが、4歳上で雌に大半の個体が性転換する。一部、ホルモンバランスの影響でメスにならない大型個体もいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください